トップページ > 誘致企業の声 > MANGO株式会社

誘致企業の声

mango株式会社 メイン画像


更新日:平成28年3月

高橋勇太

MANGO株式会社
http://www.10005.co.jp/

本社
宮崎県宮崎市広島2-5-16

TEL 0985-35-6166
FAX 0985-20-2123
mail info@10005.co.jp

宮崎県へ進出を決めた理由

真面目でホスピタリティ溢れる県民性

弊社はインターネット広告事業を展開するセプテーニ(本社東京)を支援するニアショア拠点として2009年に設立しました。セプテーニは国内外のクライアントに対して、デジタルマーケティング支援事業を行っており、弊社との業務分担でビジネス上の競争力を高めています。
とは言っても、実際に東京と宮崎は約1,000キロ離れていますので、ただ拠点を作ってパソコンと電話を設置するだけで成功させることは困難です。現在弊社が全国の拠点と円滑に業務を遂行出来ているのは、県民性から生まれる真面目でホスピタリティ溢れる社員の丁寧な対応によるところが大きいと感じています。
また、年間快晴日数全国3位という気候も関係しているのか、穏やかな印象の方が多く、地域の方々も気さくに挨拶して下さるので、気持ちよくオフィスに向かうことが出来ます。


行政の手厚い支援

雇用に対する助成など充実した制度もさることながら、行政の方々にもホスピタリティある対応を頂いていますので、宮崎という地で安心して事業を拡大して行きたいと思います。


進出してよかったと思うこと

穏やかだけど変化に対応できる熱い人材と出会えた

変化の激しいインターネット広告の市場環境に合わせて、我々も組織を変えていく必要がありますが、その変化を前向きに捉え、挑戦してくれる人が宮崎にはいます。
弊社のコアバリューは「チームワーク」「責任感」「挑戦」「笑顔」ですが、これは経営側が勝手に決めたものではなく、全社員でどんな価値を大切にして働きたいかを言語化したものです。実際に、ある海外企業との共同プロジェクトで現地で仕事をする際にも、パスポートを持っておらず英語も話せない社員が手を挙げてくれて、翻訳ツールを活用しながら現地スタッフと仕事を進めてくれました。これは会社設立前には分からなかったことです。


可能性のある新しい産業に関わる人を増やせていること

インターネットやITと付くと、まだ未熟で不透明な産業というイメージを持たれることもありますが、日本の総広告費6兆円の中で、インターネット広告はテレビに次ぐ第二のメディアとして年間約1.2兆円(電通発表2015年日本の広告費より)に達する勢いで成長しているので、宮崎でこの業界に携わる方の数は、今後もっと増えて良いと思っています。


進出を検討している企業へのメッセージ

弊社としては、今後も宮崎にてデジタルマーケティングという新しい業界を一緒に盛り上げる同志を雇用していければと思っています。行政の方々のご尽力もあり、立ち上げた頃に比べると同業界の企業様も働く人の数も増えてきていますが、各都心部に比べれば、まだ伸びしろのある地域だと感じています。より活発にヒト・モノ・カネが行き交う場所にして行きたいですが、私どもだけでは限界がありますので、宮崎進出を検討されている企業様とご一緒できれば幸いです。


一言(自由発言)

とにかく食物が美味しい

豊かな海と陸に囲まれた宮崎の食材は本当に美味しいです。仕事を終えた後に仲間と料理に舌鼓を打ちながら飲むお酒は格別です。笑。


宮崎ブーゲンビリア空港は国際線も

ソウル、台北、香港へのフライトがあります。以前に、東京→ソウル→宮崎と移動しましたが大変便利でした。アジアの国々とビジネスされる企業様にとっても良い環境だと思います。


MANGO 高橋勇太

MANGO 会社ロゴ

MANGO 業務風景

MANGO 業務風景

MANGO 業務風景

MANGO 業務風景

工業団地検索

工業団地一覧はこちら

地域 
面積 
価格 
立地条件
ICまで10km以内
国道まで1km以内
空港まで40km以内
駅まで5km以内
港まで30km以内
空港まで50分以内


ページの先頭へ
Copyright © 2010 Miyazaki Prefectural Government. All rights reserved.
各ページに掲載の写真及び記事等の無断転載を禁じます。

宮崎県庁ホームページ