トップページ > 立地企業の声 > 秘書センター株式会社

立地企業の声



秘書センター株式会社

更新日:平成30年1月

取締役最高執行責任者 宮崎支社 支社長

橋口和悦

秘書センター株式会社

http://www.hishocenter.com/miyazaki/

本社
東京都港区芝5-1-13-3F
宮崎
宮崎県小林市細野334-4 / 宮崎県小林市南西方884-1
TEL 03-3457-9052 / FAX 03-3457-9053 / MAIL hashiguchi@hishocenter.com

宮崎県へ進出を決めた理由

首都圏の賃料の増大と人件費の高騰が想像を遥かに超えて収益を圧迫していくなか、地方への進出を検討していました。
しかしながら、都道府県の県庁所在地は多くの企業が立地し、今から進出しても後発になり体制を作るのが困難だと懸念していたところ、宮崎県小林市は、まだコンタクトセンターが立地していないことと、コンタクトセンターへの助成制度をこれから作られることを知り、進出を決めました。
人口は45,000人ですが、ハローワークへ市場調査したところ事務系の有効求人倍率が低かったことが進出を後押ししました。

進出してよかったと思うこと

宮崎県のサポートもさることながら、地元自治体である小林市役所のサポートがとても素晴らしく、何不自由なくマーケティングや施設工事などが進んだことが大きいです。
短時間しか働けなかった女性の方たちがしっかり8時間働けるようになり、とても感謝されていることや、地元企業との人の取り合いにならず共存共栄できていることが良いと思います。

進出を検討している企業へのメッセージ

私達も3年間悩みました。首都圏より遥かに低コストであることはわかっていましたが、まったく知らない土地で一から始める怖さが3年間待つと言う結果を生みました。
しかし、首都圏と比べ自治体はとても良く進出企業に寄り添ってくれます。とても協力的です。是非、一度視察されるべきです。きっと不安は一瞬で解消されることでしょう。私もそのひとりでしたから。

一言(自由発言)

どうしても大きな都市に目を向けがちですが、小さな都市でオンリー1を目指していこうと思います。
宮崎県の全ての市町村が同じ土俵に乗れるよう、大きな都市だけが恩恵を受けることなく私達は先駆者となって成功させようとこれからも努力を惜しまないことを誓います。


※代表者・インタビュー内容は更新日のものです。

工業団地検索


地域 
面積 
価格 
立地条件



立地企業の声VOICE

秘書センター株式会社

取締役最高執行責任者 宮崎支社 支社長

橋口和悦

平成30年1月

秘書センター株式会社

http://www.hishocenter.com/miyazaki/

本社
東京都港区芝5-1-13-3F
宮崎
宮崎県小林市細野334-4 / 宮崎県小林市南西方884-1
TEL 03-3457-9052 / FAX 03-3457-9053 / MAIL hashiguchi@hishocenter.com

宮崎県へ進出を決めた理由

首都圏の賃料の増大と人件費の高騰が想像を遥かに超えて収益を圧迫していくなか、地方への進出を検討していました。
しかしながら、都道府県の県庁所在地は多くの企業が立地し、今から進出しても後発になり体制を作るのが困難だと懸念していたところ、宮崎県小林市は、まだコンタクトセンターが立地していないことと、コンタクトセンターへの助成制度をこれから作られることを知り、進出を決めました。
人口は45,000人ですが、ハローワークへ市場調査したところ事務系の有効求人倍率が低かったことが進出を後押ししました。

進出してよかったと思うこと

宮崎県のサポートもさることながら、地元自治体である小林市役所のサポートがとても素晴らしく、何不自由なくマーケティングや施設工事などが進んだことが大きいです。
短時間しか働けなかった女性の方たちがしっかり8時間働けるようになり、とても感謝されていることや、地元企業との人の取り合いにならず共存共栄できていることが良いと思います。

進出を検討している企業へのメッセージ

私達も3年間悩みました。首都圏より遥かに低コストであることはわかっていましたが、まったく知らない土地で一から始める怖さが3年間待つと言う結果を生みました。
しかし、首都圏と比べ自治体はとても良く進出企業に寄り添ってくれます。とても協力的です。是非、一度視察されるべきです。きっと不安は一瞬で解消されることでしょう。私もそのひとりでしたから。

一言(自由発言)

どうしても大きな都市に目を向けがちですが、小さな都市でオンリー1を目指していこうと思います。
宮崎県の全ての市町村が同じ土俵に乗れるよう、大きな都市だけが恩恵を受けることなく私達は先駆者となって成功させようとこれからも努力を惜しまないことを誓います。

※代表者・インタビュー内容は更新日のものです。