トップページ > 立地企業の声 > 株式会社ウイント

立地企業の声



株式会社ウイント

更新日:平成27年2月

代表取締役

堀江勝人

日南グループは、各種モデル製作を主幹事業として、デザイン・メカトロニクスエンジニアリングを駆使したワーキングプロトタイプ・ショーカープロトタイプの製作から試作金型製作・小ロット生産迄、製品開発業務をトータルにサポートする開発総合支援企業です。
株式会社ウイントは、約20年前に宮崎県西都市に進出し、今では日南グループ最大の製造拠点になっています。機械設備、CAD/CAMの台数、生産量はグループ最大の規模を誇り、精密加工、試作金型製作を中心にグループの部品製造を一手に担っています。

株式会社ウイント

宮崎県西都市三宅406
TEL 0983-42-2961 FAX 0983-42-2963

株式会社日南
http://www.nichinan-group.com/index.html

宮崎県へ進出を決めた理由

積極的な誘致、地元との縁

私は約40年前に、神奈川県綾瀬市に株式会社日南を設立しました。西都市は私の出生地でもありますが、約20年前に、故郷の先輩からの勧めや、地元からの積極的な誘致活動を受けました。やはり、「来てください」という地元からの熱心なお誘いがあったからこそ、こうして来られたのであって、それが「縁」であり、日南も大きくなるタイミングだったのだなと思っています。

進出してよかったと思うこと

人材確保のしやすさ

当時、この地で4,000坪の土地を購入して事業を始めた時は、本当にここで人が集まるのかなといった不安がありました。しかし、最初に従業員を募集した時には、15名の採用予定に対して140名もの応募がありました。その時の第一期生は、今でもほとんど残ってくれています。

また、毎年10名程度採用していますが、今では西都市だけでなく、都城市や宮崎市など県内全域から人材が集まってくれます。

非常に真面目で優秀な人材

人間的に非常に真面目だし、人材としてとても優秀な社員ばかりですよ。もちろん、優秀な人を採用しているから、当然優秀なのでしょうけどね。宮崎は、それだけ優秀な人を採用できる土地柄ということが言えますね。都会のように良い人材を大手企業に取られることがない、ということもあるのかもしれませんが、宮崎には非常に良い「人財」がたくさんいるのは間違いないです。

社員が会社を大事にしてくれる

我々は地域に根差した会社だから、社員もやはり自分達の会社なんだという強い意識があって、会社を大事にしないといけないと思ってくれている、その意識が違いますよね。この会社を潰すようなことがあったり辞めたりするようなことがあっては、自分にとってもプラスにはならない。だったら、地元のこの会社を良い職場にして、頑張って大きくしていきたいんだっていう気持ちが連帯感を生んでいくのでしょうね。

現実として、この20年間で若い人達がほとんど辞めてない、定着率は99%を誇ります。それだけ魅力がある会社になっているのだと思います。社員一丸となって取り組むから事業もやはり伸びている。会社が伸びていけるのは、優秀な人材がいるからなんです。

都会はいろいろな所の出身者の集まりだけど、宮崎だったら宮崎の人間だけで会社を守っている。だから、ファミリーと呼べる会社になれるんです。それがやはり他の会社にはない良さだよね。そのような社員の気持ちを汲み取って、私にとってもグループの中で一番拡大したい会社です。

通信・物流について

昔は大変だったけど、今ではコンピュータを使って図面を描いて、インターネットを使ってデータをポンと送る、こんな楽なことはないですよ。モノは飛行機で送ればいいし、物流の面も非常に発達してきているので、特に問題はないです。

進出を検討している企業へのメッセージ

宮崎について言えることは、とにかく人柄が非常に良いということ。素朴だけど、真面目で一生懸命に働いてくれますよ。

そして次に言えるのが、とにかく自然が素晴らしい。山が多くて緑が多くて、川が流れていて、海がある。気候も良いし、魚は美味いし、住むための環境が素晴らしい。こういう場所は、よく働く人が集まってくる。働く人に幸せがある、豊かさがあるということは大切です。

それと、今後はアジアへの展開の拠点として、一番良い場所になってくるんじゃないかと思います。宮崎が、そういう都市になって欲しいと思っています。


※代表者・インタビュー内容は更新日のものです。

工業団地検索


地域 
面積 
価格 
立地条件



立地企業の声VOICE

株式会社ウイント

代表取締役

堀江勝人

平成27年2月

日南グループは、各種モデル製作を主幹事業として、デザイン・メカトロニクスエンジニアリングを駆使したワーキングプロトタイプ・ショーカープロトタイプの製作から試作金型製作・小ロット生産迄、製品開発業務をトータルにサポートする開発総合支援企業です。
株式会社ウイントは、約20年前に宮崎県西都市に進出し、今では日南グループ最大の製造拠点になっています。機械設備、CAD/CAMの台数、生産量はグループ最大の規模を誇り、精密加工、試作金型製作を中心にグループの部品製造を一手に担っています。

株式会社ウイント

宮崎県西都市三宅406
TEL 0983-42-2961 FAX 0983-42-2963

株式会社日南
http://www.nichinan-group.com/index.html

宮崎県へ進出を決めた理由

積極的な誘致、地元との縁

私は約40年前に、神奈川県綾瀬市に株式会社日南を設立しました。西都市は私の出生地でもありますが、約20年前に、故郷の先輩からの勧めや、地元からの積極的な誘致活動を受けました。やはり、「来てください」という地元からの熱心なお誘いがあったからこそ、こうして来られたのであって、それが「縁」であり、日南も大きくなるタイミングだったのだなと思っています。

進出してよかったと思うこと

人材確保のしやすさ

当時、この地で4,000坪の土地を購入して事業を始めた時は、本当にここで人が集まるのかなといった不安がありました。しかし、最初に従業員を募集した時には、15名の採用予定に対して140名もの応募がありました。その時の第一期生は、今でもほとんど残ってくれています。

また、毎年10名程度採用していますが、今では西都市だけでなく、都城市や宮崎市など県内全域から人材が集まってくれます。

非常に真面目で優秀な人材

人間的に非常に真面目だし、人材としてとても優秀な社員ばかりですよ。もちろん、優秀な人を採用しているから、当然優秀なのでしょうけどね。宮崎は、それだけ優秀な人を採用できる土地柄ということが言えますね。都会のように良い人材を大手企業に取られることがない、ということもあるのかもしれませんが、宮崎には非常に良い「人財」がたくさんいるのは間違いないです。

社員が会社を大事にしてくれる

我々は地域に根差した会社だから、社員もやはり自分達の会社なんだという強い意識があって、会社を大事にしないといけないと思ってくれている、その意識が違いますよね。この会社を潰すようなことがあったり辞めたりするようなことがあっては、自分にとってもプラスにはならない。だったら、地元のこの会社を良い職場にして、頑張って大きくしていきたいんだっていう気持ちが連帯感を生んでいくのでしょうね。

現実として、この20年間で若い人達がほとんど辞めてない、定着率は99%を誇ります。それだけ魅力がある会社になっているのだと思います。社員一丸となって取り組むから事業もやはり伸びている。会社が伸びていけるのは、優秀な人材がいるからなんです。

都会はいろいろな所の出身者の集まりだけど、宮崎だったら宮崎の人間だけで会社を守っている。だから、ファミリーと呼べる会社になれるんです。それがやはり他の会社にはない良さだよね。そのような社員の気持ちを汲み取って、私にとってもグループの中で一番拡大したい会社です。

通信・物流について

昔は大変だったけど、今ではコンピュータを使って図面を描いて、インターネットを使ってデータをポンと送る、こんな楽なことはないですよ。モノは飛行機で送ればいいし、物流の面も非常に発達してきているので、特に問題はないです。

進出を検討している企業へのメッセージ

宮崎について言えることは、とにかく人柄が非常に良いということ。素朴だけど、真面目で一生懸命に働いてくれますよ。

そして次に言えるのが、とにかく自然が素晴らしい。山が多くて緑が多くて、川が流れていて、海がある。気候も良いし、魚は美味いし、住むための環境が素晴らしい。こういう場所は、よく働く人が集まってくる。働く人に幸せがある、豊かさがあるということは大切です。

それと、今後はアジアへの展開の拠点として、一番良い場所になってくるんじゃないかと思います。宮崎が、そういう都市になって欲しいと思っています。

※代表者・インタビュー内容は更新日のものです。