トップページ > 立地企業の声 > 株式会社ホンダロック

立地企業の声



株式会社ホンダロック

更新日:平成27年2月

代表取締役社長

浦野勝雅

わが社は、創業者 本田宗一郎氏が、宮崎の地に近代産業を根付かせ、世界に通用するキーロックメーカーを育てようと昭和37年に設立されて以来、その意思を引き継ぎ発展を続けてまいりました。

企業理念を“人間尊重”(自立した個人を尊重しあい、平等な関係に立ち、お互いを信頼して持てる力を尽くすことで、ともに喜びを分かち合う!)と“喜びの創造”(企業活動に関わりを持つ全ての人達とともに喜びを求め、生み続けていく!)と定め、国内6拠点・海外7ヶ国10拠点で開発から生産・販売を機能的に結びつけて、グローバルな企業活動を展開しています。

株式会社ホンダロック

http://www.hondalock.co.jp/

宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3700番地
TEL 0985-73-1211(代) FAX X0985-30-1012

宮崎県へ進出を決めた理由

「日本一の田舎に工場をつくれ」

創業者の本田宗一郎氏が、「鍵」というメカニカルなところに技術屋として興味を持ったのが始まりでした。
そこで「鍵の会社をつくろう」というアイデアが浮かんだらしいのですが、当初は車やオートバイの鍵ではなく、ドアなどの建具用の鍵を作ろうということでスタートしました。

その時に、「日本で一番の田舎に工場を作れ!」という号令を出されて、場所を選ばれたというわけです。 場所は函館の近辺とここ宮崎のどちらかで迷い、結果的に宮崎に決めたようです。当時の県の方も積極的に誘致活動をされたと聞いております。その後、宮崎に設立以来50年、本田宗一郎氏の夢を具現化しようと発展し続けてまいりました。

進出してよかったと思うこと

グローバル企業へ成長

創業者の本田宗一郎氏より受け継いだスピリット「距離が時間に置きかえ得ないはずはない。時間は知恵で解決できる。困難な環境こそ最良のアイデアの条件である。宮崎に基盤をつくり、世界に打ってでること」を実践することにより、宮崎を本社としたグローバル企業へと成長することができました。

苦しんでアイデアを出して、やりきるという気持ちが、我々の先輩を含めてやってきた事です。徹夜を繰り返して製品をモノにした、技術をモノにしたという話も伝え聞いております。三現主義と言いましょうか、現場・現物・現実というところを大事にしながら、海外に進出してもそういう思いを常に根底に強く持ち続けやってきた事が、今に繋がっているのだと思います。

宮崎の魅力

お客様がいらっしゃった際に、「空港が近くて良い」と言われますね。有料道路を使えば30分で着きます。
また、付近には、ゴルフ場がたくさんあって、しかも安いので、喜ばれる方も多いですね。

地域との共生

本田技研工業株式会社と協力して、ビーチクリーン活動を行っており、昨年は高鍋と串間に行きました。地域から、その存在を期待される企業でありたいと想い、ボランティア活動等を行っています。

工場見学の受け入れ

小学校・中学校を含めて工場見学を毎年1,000名以上受け入れています。
宮崎市の教科書には当社の事が掲載されていて、社会科見学の一貫として毎年工場へ見学に来られます。
小さい頃から「宮崎にもこんなモノづくりの企業があるんだよ」ということを知ってもらって、HONDAのファンになっていただきたいと願っています。また、そういった子供達が、モノづくりに興味を持って、将来、当社に入社して仕事をしたいと思っていたければと願っています。

進出を検討している企業へのメッセージ

「宮崎から世界へ!」、地方から世界をリーディングしていく企業活動を、共に切磋琢磨し行っていきたいと考えています。 どんどんモノづくりの企業に来ていただいて技術の底上げができれば、世界に誇れる宮崎初のモノづくりがきっとできるでしょう。九州全体としても待ち望んでいます。


※代表者・インタビュー内容は更新日のものです。

工業団地検索


地域 
面積 
価格 
立地条件



立地企業の声VOICE

株式会社ホンダロック

代表取締役社長

浦野勝雅

平成27年2月

わが社は、創業者 本田宗一郎氏が、宮崎の地に近代産業を根付かせ、世界に通用するキーロックメーカーを育てようと昭和37年に設立されて以来、その意思を引き継ぎ発展を続けてまいりました。

企業理念を“人間尊重”(自立した個人を尊重しあい、平等な関係に立ち、お互いを信頼して持てる力を尽くすことで、ともに喜びを分かち合う!)と“喜びの創造”(企業活動に関わりを持つ全ての人達とともに喜びを求め、生み続けていく!)と定め、国内6拠点・海外7ヶ国10拠点で開発から生産・販売を機能的に結びつけて、グローバルな企業活動を展開しています。

株式会社ホンダロック

http://www.hondalock.co.jp/

宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3700番地
TEL 0985-73-1211(代) FAX X0985-30-1012

宮崎県へ進出を決めた理由

「日本一の田舎に工場をつくれ」

創業者の本田宗一郎氏が、「鍵」というメカニカルなところに技術屋として興味を持ったのが始まりでした。
そこで「鍵の会社をつくろう」というアイデアが浮かんだらしいのですが、当初は車やオートバイの鍵ではなく、ドアなどの建具用の鍵を作ろうということでスタートしました。

その時に、「日本で一番の田舎に工場を作れ!」という号令を出されて、場所を選ばれたというわけです。 場所は函館の近辺とここ宮崎のどちらかで迷い、結果的に宮崎に決めたようです。当時の県の方も積極的に誘致活動をされたと聞いております。その後、宮崎に設立以来50年、本田宗一郎氏の夢を具現化しようと発展し続けてまいりました。

進出してよかったと思うこと

グローバル企業へ成長

創業者の本田宗一郎氏より受け継いだスピリット「距離が時間に置きかえ得ないはずはない。時間は知恵で解決できる。困難な環境こそ最良のアイデアの条件である。宮崎に基盤をつくり、世界に打ってでること」を実践することにより、宮崎を本社としたグローバル企業へと成長することができました。

苦しんでアイデアを出して、やりきるという気持ちが、我々の先輩を含めてやってきた事です。徹夜を繰り返して製品をモノにした、技術をモノにしたという話も伝え聞いております。三現主義と言いましょうか、現場・現物・現実というところを大事にしながら、海外に進出してもそういう思いを常に根底に強く持ち続けやってきた事が、今に繋がっているのだと思います。

宮崎の魅力

お客様がいらっしゃった際に、「空港が近くて良い」と言われますね。有料道路を使えば30分で着きます。
また、付近には、ゴルフ場がたくさんあって、しかも安いので、喜ばれる方も多いですね。

地域との共生

本田技研工業株式会社と協力して、ビーチクリーン活動を行っており、昨年は高鍋と串間に行きました。地域から、その存在を期待される企業でありたいと想い、ボランティア活動等を行っています。

工場見学の受け入れ

小学校・中学校を含めて工場見学を毎年1,000名以上受け入れています。
宮崎市の教科書には当社の事が掲載されていて、社会科見学の一貫として毎年工場へ見学に来られます。
小さい頃から「宮崎にもこんなモノづくりの企業があるんだよ」ということを知ってもらって、HONDAのファンになっていただきたいと願っています。また、そういった子供達が、モノづくりに興味を持って、将来、当社に入社して仕事をしたいと思っていたければと願っています。

進出を検討している企業へのメッセージ

「宮崎から世界へ!」、地方から世界をリーディングしていく企業活動を、共に切磋琢磨し行っていきたいと考えています。 どんどんモノづくりの企業に来ていただいて技術の底上げができれば、世界に誇れる宮崎初のモノづくりがきっとできるでしょう。九州全体としても待ち望んでいます。

※代表者・インタビュー内容は更新日のものです。